上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次男が下宿しだしてから意外と元気に仕事をしてます
今夜はそうじゃないみたいです

長男が岡山に帰り
次男が下宿生活し始めてから3日目の先週の木曜日の夜、
パパさんは仕事仲間と夕食に出かけた
私は定休日でしたがお通夜がはいった
 
友達から電話もはいった
「今日おやすみやろ~ 一人やったら一緒にご飯食べよ~」 
友達は私がひとりでいることに気を使ってくれた
 なんか、私は気が乗らなかった 
子供たちがそれぞれの下宿生活に戻り、私の中ではぼ~としていたからだ

でも、気分転換にいこかな~と思い約束しようと私から電話した
「お店どこにしよう~」とあれこれ電話で楽しく話し込んだ

お通夜が終わり喪服を着替えに家に戻った
と留守電がはいっていた
次男からだった
神戸に発ってから話をしていなかったのですぐに電話をいれた
次男の携帯は留守電。
何回かけても留守電。

次男が家に電話をかけてきた時間は丁度、私が友人と食事のお店を決めている時だった
私の携帯が話中だったのだろ~
それで家にかけたらしい。
もう、私は気になりだした
[何の用事だったのだろ~」 何回も電話をするがつながらない
翌朝もかけたがつながらない

とやっと次男からお昼にメールがきた
「今、電車にのってるから~  昨日はお米のたき方たずねたかっただけ」

私はホッとした反面、罪悪感にとらわれてしまった
「次男は、困って電話してきたのに~」

考えすぎだと自分では思うのですが、。。。

次男は事務的な用件しか私の携帯に連絡入れないの子

絶対に親に頼ることがなかった子

下宿生活を始めてから、困ったのではじめて電話をいれてくれた
私は何の役にもたたなかった

すぐ、メールを入れたがかえってこず、2日間、連絡をしなかった
でも今日の夜もう一度と思い電話をした
やっと、でた やっと声がきけた
「何?どうしたん?」
「ウン、ごめんな~この間」
「別にかまへん」「ネットでご飯の炊き方しらべた~」と。
最初、会話がおぼつかなかったがだんだんと話し出し
「カーテン、普通いくらぐらい?」とたずねてきた
「今からバイトの面接や~」
色々話をして、「又、何か送るものあったら連絡して」とわたしがいった
「今、あらへん、楽しくやってるし~」と。
久々の次男の声だった
6日間も次男と話さなかったことが今まであっただろうか~
明日で7日目、8日目 。。。
日がたつごとに
「あ~、次男は旅行にいってるのとちがって
かえってこんのや~」と実感してきました

仕事してる時は普通ですが
この時間になるとやっぱり色々と子供のことを思い出してしまう

 
今夜はちょっときてますね~  私。。。しっかりせんと。。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rurukeychan.blog82.fc2.com/tb.php/92-25c8901e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。